« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

広島・尾道紀行 その4

兼吉の丘からみた大和セット

Yamato01

Kaneyoshi

ここは映画ロケ地だそうな。大林宣彦監督作品で好きなのって「青春デンデケデケデケ」ぐらいか。これは香川うどんツアーのときに、観音寺市でロケ地めぐりしたぐらい好き。「時をかける少女」は映画館でみたけど、原作好きだったので「ハァ?」で終わった覚えが。
尾道散策といっても、映画ロケ地めぐりや古寺めぐりをする時間があるわけでなし、商店街をぶらぶら。相方と合流して、もなかアイスを食べ、また商店街を歩いて駅まで戻る。

Jihanki

駅前の自販機も「大和」バージョン。
のぞみに乗るため在来線で福山駅に向かう。ホームのすぐ向こうに福山城がどどーんと見える不思議なところでした。

Fukuyama

相方はJR西日本ならではの車両が通るたびにキャッキャいって写真とりまくり。奴にとっては今回の旅行はいろんな乗りもの(夜行バス・路面電車・レンタカー・フェリー・渡船など)に乗れたり見れたりしたことで大満足だったらしい(軽く鉄オタはいってます)。わたくしは、17年ぶり?の広島再訪が面白かった。あまり変化なく、懐かしい昭和なたたずまい。名古屋なんかわたくしが大学生だったころとくらべて劇的に変わりすぎだけど、広島は路面電車のために道路が広いのと、再開発の高層ビルが少ないからか空がひらけてて窮屈でなく、全体的にのどかでした。

Anagomeshi

新幹線に乗ったらお弁当を食べねば。宮島で買ったあなご飯をやっと食べる。2個買えばよかった、とおもうぐらい争って食べました。地元の駅に到着後、うららかを迎えにいくと、係の人から「家に帰りたがって帰りたがって、見ているのが忍びないぐらいでした」とはじめて言われる。うーむ、シャンプーといいホテルといい、どんどんイヤイヤが進行しているなー。問題だわ。

Dsc02984

こんなものを買いました。左上から時計周りに
もみじまんじゅう(こしあん)、海軍さんの珈琲、大和最中、海人の藻塩、かきのオイル漬け、宮島しゃもじ、かき醤油あられ、藻塩あられ、バッケンモーツアルトのクッキー類ともみじ型ダックワーズなど。
もみじまんじゅうに飽きた方は、ダックワーズがおすすめです。プレーンがおいしかった。
長々とお付き合い、ありがとうございました(_ _)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

広島・尾道紀行 その3

意地汚い我々は、ホテルの無料の朝食が7時からと聞いて、出発時間を7時にする。ま、せいぜいパンとコーヒーぐらいだろうとおもっていたら。

Breakfast_1

わたくしが悪うございました。
7時25分ぐらいにチェックアウトして、車で宮島へ向かう。市内向きは混雑しているけど、反対なのですいすい。8時すぎには現地到着、JRのフェリーに乗って宮島へ。

Miyajima

まだ参拝客も少なく、ゆっくり海岸沿いを歩く。どこでも鹿が大きな顔していた。奈良以外では初めて見たかも。

Itsukushima03

団体のおばちゃんたちと、外人さんがいっぱいでした。外人さんは世界遺産めぐりなのかな。

Itsukushima01

ここは島全体が御神体というありがたい場所。早朝だったせいもあるけど、空気がキーンとしていて清涼な気分になりますわ。おちつきます。
12時がレンタカー返却のタイムリミットなので、9時半のフェリーに乗ってもどり、名物のあなご飯弁当を買って宮島とはサヨウナラ。ひたすら中国自動車道を走り、尾道に到着すると、時間に余裕があったので腹ごしらえ。尾道ラーメンの「東珍康」へ。

Onomichimen

まるく浮いているの、全部背脂ですから(汗。スープに油層のフタがあるので、全然冷めません。味はなつかしめの中華そばで、おいしかったです。地元のお客さんでいっぱいでした。レンタカーを新尾道駅前支店で返却し、タクシーでJR尾道駅(在来線)に向かう。コインロッカーに荷物を入れて、みどりの窓口へ「大和原寸大セット」の入場券を買いに行く。現場は向島の日立造船内にあり、駅前から船で渡るのですが、ここで買うと、入場料500円のみで渡船代200円(往復)がタダになるのだった。

Dsc02978

船を降りるとシャトルバスで移動。月曜なのにかなりの混雑でした。そして・・・

Yamato02

おっきーい!
映画内で柔道や剣道の稽古していた甲板は・・・

Yamato03

ひろーーい!
ま、近くで見ると張りぼて感満点なんだけど、映画のシーンを思い出しながら見てまわる。ここに3000人以上の兵隊さんが乗ってたんだなぁ。それはそれは誇りだっただろうに、などと思いをはせる。売店はとくに見るものがなかったので、ここでわたくしは尾道散策のため船で駅前にもどり、相方は「兼吉の丘」に登るコースにわかれる。
(次で終わりますから(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島・尾道紀行 その2

Museum

高速道路をとばして呉港にいくと、すごい車の列で駐車するのも一苦労。道行く人の多さも表参道並。みんな、「大和ミュージアム」めあてのお客なのですよ。日曜で春休みということもあって中は大混雑、展示を見るのも牛歩。

Yamato

もちろん一番の注目は1/10モデルの戦艦大和。写真をとらずにはいられないほどの美しさ。このほかにも回天やゼロ戦、国産戦艦の模型など、男子かぶりつきの展示がもりだくさん。

Kure

展示はパネルや資料文書・そしてビデオ上映です。明治維新以後、鎮守府を呉に置くことになった理由・海軍力の増強がなぜ必要であったのか・国産造船技術の進歩・呉港の繁栄・日清/日露戦争、第一次世界大戦・国際連盟脱退、ABCD包囲網・第二次世界大戦・終戦と鎮守府解体・戦後の呉、と時系列でくわしく説明されているのですがこのビデオ(3分から10分程度)のコーナー、じっと聞き入っている人が多くて、全然進まないのです。ひとつ見終わるとまたその先のビデオモニタの前で人だかり。わたくしは「海ゆかば」に泣けた。遺書の展示もたくさんあって、最初の数行読むだけでもまた泣けます。入場料500円でこれだけ見れて学べるなんて素晴らしい。広く多くの日本人に見てほしい。そして先人の努力の歴史を知ってほしい。開国して50年足らずで自前の軍艦をつくれるほどの技術力って、素直に凄いよご先祖様たちってば。

Ferry

その後江田島に移動しようとしたら、大和ミュージアムのすぐ横の桟橋から小用港行きフェリーがでていたので、思いつきで乗ってみる。目的の元海軍兵学校舎(いまは海上自衛隊の建物)は、見学時間が終了していて見れず。残念。しばし島をドライブして、切串港から広島港までやっぱりフェリーで移動。さすが瀬戸内海、フェリーがすごく身近に運行されているのだった。呉市とは橋でつながっているのだけど遠回り、フェリーで移動のほうがオツですな。夕暮れの海を眺めながらぼーっと潮風に吹かれてみる。
ネットで予約したビジネスホテルにチェックインしてみると、ツイン8800円とは思えぬきれいな所であった。無料ドリンクサービスとして、各階にネスカフェマシンがそなえつけてあるし、ベッドはシモンズだし、LAN無料だし、男性用大浴場には小さいけどサウナもあり、広電の駅から徒歩すぐの好立地でこの内容はとてもお得だわ。強力オススメです。

ホテルアクティブ!広島

お好み焼きでまだ胸焼け気味だったので、夕食は軽く生牡蠣やアナゴのてんぷらで。お品書きに値段がない店だったので、会計のときにはドキドキした(汗。明日は朝イチで宮島にいくので、早々に就寝。
(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

広島・尾道紀行 その1

戦艦大和の1/1セットってGWまでなんだよね~」という会話が我が家でなされたのが20日。いろいろ調べたら4月中は混雑に拍車がかかるという。それなら行かねば!ということで、さくっといってきました。
日程はこんなかんじ。

土曜夜 名古屋→広島(夜行バス)
日曜   エルミタージュ展(広島県立美術館)
      レンタカー借り出し
      大和ミュージアムと江田島
      広島市内泊
月曜   宮島・厳島神社
      尾道へレンタカー移動
      戦艦大和1/1セット見学
      尾道散策
      山陽本線→福山からのぞみで名古屋

うららかは今回ペットホテルでお留守番です。
わたくし、夜行バスははじめて。夜まであれこれ準備できて(朝寝坊とかであせらない)、到着後朝から行動できる、というのはメリットですが、専用バスでないとつらいかも。乗客は老若男女でほぼ満員でしたねー。バスターミナルは多方面のバス待ちの人でごったがえしてました。
ぐうぐう寝てるうちに広島に到着。思い出してみると、高校の修学旅行、大学生のころに2回(友人がいたので)と3回も行っている、神戸以西の都市でもっともリピートしている場所だった。いろんなタイプの路面電車が行き交っているので、相方大騒ぎで写真撮影に忙しい。美術館が開館するまで平和記念公園を散策、その後エルミタージュ秘蔵のフランドル絵画や陶磁器を堪能する。いつかサンクトペテルブルクの本物に行ってみたいものよ。
お昼はとりあえずお好み焼きでしょう。乗り換え駅近くの有名店「みっちゃん総本店」に開店直後にいってみた。それでも店内は半分ぐらいは席が埋まっていて、みるみる満席になってくる。で、きたのがコレ。

okonomi01

麺をゆがいてから、カリカリになるまで焼いてあるのだ。そうか、家でやってもイマイチなのはそのせいなのか(いつも関西風)。でかい鉄板の前にはお兄さんたちがずらっと7人ぐらいならんで、すばらしい流れ作業でどんどん作成していた。あれでよく中身を間違えないもんだなーと感心する。その後レンタカーを借り出しにいく。マーチで、とたのんでおいたのにデミオだった。うちの母親の車と同じなので、なんかがっくり。ナビもつかいにくい。ま、しょうがないといいつつ次のお好み焼きスポットへGO。

okonomi02

南区東雲町にある「三八」。ここは車じゃないと行けないから、と相方が行く気満々。同じく人でごったがえしていて、やっとでてきたのが、さっき食べたのの1.5倍はありそうなレギュラー(左)。ここは女性はデフォルトで控えめサイズのレディースになるらしい(右)。でもこれ食べるのはかなりギリギリでしたわ。
満足満腹、で次なる目的地、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)へ車をとばす。
(つづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プリンタ故障

1年と3ヶ月で壊れるのは仕様でしょうか。
このプリントアウトで忙しいときにかぎって壊れるなんて!しょうがないので明日キヤノン(キャノンじゃなくてよ)のQRセンタに持ち込みGOだわ。なんとか来週中には直ってきてほしいものよ。
今回は、用紙詰まりになったので背面フタをあけて紙をひっぱりだして、再びフタを閉めてもエラーコードが消えなくて、延々と「紙を取り除け」と表示しつづける症状。コンセント抜いてしばらく放置してもだめでした。検索したら、同じような症状で修理っていう報告が2件ほどあった。みなさん、キヤノンプリンターのジャムった紙を取り除くときは、ゆっくりそーっと抜きましょう。9450円で済めばいいんだけど(ため息)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

♪大阪!大阪!あれもこれもあんで~

母が大阪松竹座の招待券をいただいたということで、一緒に「夏の夜の夢」を見てきました。
尾上松緑がパック役です。ずいぶんと重そうなパックだな、と頭のなかでははるか昔に「ガラスの仮面」でマヤが演じたパックと比較しつつ、サトエリのスタイルの良さにノックアウトな3時間でした。
その後券を手配くださったありがたい知人の奥様が迎えにきてくれて、他の参加メンバーと一緒に自宅まで移動。法善寺横町を通って水掛不動さんに景気よく水をぶっかけたり。しばらくぶりに来たら、かなり風景が変わった気がしました。この日のメニューは「ふぐ尽くし」、しかし途中退席で帰宅。相方が休日出勤でうららかがひとりお留守番しているので、やっぱりね。
あーでもすっごい後ろ髪ひかれまくりでした。涙。
さて、帰ってから今日の唯一のおみやげをいただく(電車に遅れそうで551蓬莱の豚まんは買えず)。千日前をぷらぷら歩いているとき、「ここのおはぎ、おいしいねんよ~」と奥様がおっしゃる。

gyokuseiya01

「玉製家」(ぎょくせいや)というお店です。つぶあん・こしあん・きなこ(餡なし)の3種類のみ、すごく小さい店構えで、通常は日曜休みなところが、お彼岸期間なので臨時営業中とのこと。それは味見せないかん!ということで皆で購入。ふと見上げるとWBC準決勝9回裏1アウト、ってところだったので、試合終了までしばし見せてもらい、皆で勝利の雄叫びをあげてきました。

gyokuseiya02

つぶあん派の相方とこしあん派のわたくし用の選択。こしあんはしょっぱいかんじですが、絶妙においしい。こぶりでいくつでもはいりそうな味。相方もとても気に入ったようでした。ネットでしらべてみたら、きなこ熱烈支持派が多し。ミナミで買うべき土産がまたひとつ増えたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チームうららか春の強化合宿

の目的地が決定した。

ishigaki

沖縄本島にもいったことないくせにいきなり石垣島。
しかも
相方→ANA株主優待券使用で中部→石垣直行便往復
わたくし→UAマイル使用で中部→那覇経由→石垣往復
と現地集合でございます(汗。
うららかは短時間な相方と一緒に移動です。宿は犬OKで無線LAN完備のところをブックしました。調べてみたら本島は犬OKの施設が少なくむしろ離島のほう選択肢があること、期末進行で絶賛死相中の相方が「とにかくのんびりしたい」というので、石垣島に決定しました(宮古島はJALのみ就航)。
もとはといえば、UAのマイルが期限切れそうで、でもUA使って行きたい目的地がないし、ってことで国内線に振り替えることにしました。全然日程とれなくて、UAのオペレータのお姉さんとかなり長電話しましたわ。
ところで水着を8年ぶりに買わねばいけない恐怖について。なのにイーストドーナツをさっきふたつも食べてしまった。反省。

石垣島いったことあるよ!という方、おすすめがあればお教えください。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

まんじうコレクション

まだ葬式ネタですみません。

さて、召集かかって通夜会場に馳せ参じたわたくしがまず最初にするのは、たいてい葬式まんじうのカウント。このあたりでは御通夜に「夜伽見舞」とか「おさびし見舞」などの熨斗でお菓子を持っていくのが一般的です。受付で預かった菓子箱がどかどかとはこびこまれ、はがした熨斗紙に「最中・20個」などとメモ書きして集めます。後で香典などとともに集計されます。
そしてこの大量のお菓子の行く先は

1.お勤め後のお茶とともにお客様にお出しする。
2.会葬のお礼とともに持ち帰ってもらう。
3.親族一同で休憩時に食べる

この3つ。
お礼のお菓子は、お菓子4つとみかん(みかんの季節じゃないときは缶ジュース)をビニール袋つめます。お菓子の種類はかぶらないように「最中」「まんじう」「洋菓子」「なごやん」等を適当に混ぜていれていくのもテクのひとつ。
大量のお菓子をさばきつつも、「おっ、これおいしそー」とか「あ、○○屋のだ。うひひ」などと、つぶやきつつ、さくっと自分たちが食べる用にとっとくことも忘れません。裏方仕事の合間は、「お茶→まんじう→お茶→まんじう→エンドレス」が基本。まんじう品評会でもあります。
というわけでお気に入りをご紹介。

manji

この中では右中の「和菓子 和」のもなかと左下の「美濃忠」の「雪花の舞」が甲乙つけがたし。これを持ってきたひとはきっといい人だと勝手に認定。左上は「錦魚もなか」。弥富町は金魚の名産地なのです。

kingyo

中身はこんなふうに立体になっております。「金魚」より「錦魚」のほうがなんか風情がありますね。味もなかなかでした。
しばらくはお茶請けには困らないです。感謝。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

非時の味わい その2

(つづき)

葬儀が終了し、霊柩車風デコレーションの手押し車に棺をのせて公民館横の火葬場(町内の全区がそれぞれ火葬場を持っている)まで運びます。このとき女性は棺の前を、男性は後ろを歩くことになっています。到着後最後のお別れをし、ご遺体を荼毘に付したのちに徒歩で故人の家まで戻ります。3時ごろ、2度目の非時の用意ができた旨の連絡がきますので、また親戚一同公民館に大移動。

hiji02

同じく左上から「油揚げ、半割りのごぼう2本、厚さ約1cmの斜め切り巨大蓮根2枚」「うずら豆の煮物」「油揚げと豆腐の合わせ味噌汁」「白飯」です。昆布だししか使えないのですべての料理は甘い味付け。器の糸底には組名が朱で入れてあります。組のみなさんの手際に感謝しながらいただきました。
非時メニューは他の機会では遭遇することのない味なので、こっそり楽しみにしています。

食事の後はまた待機し、4時すぎにまた火葬場に行ってお骨拾い、5時半ごろごえんさん(お坊さん)にお勤めをしてもらったあとに、2日間がんばっていただいた組内の方とお勤めをし、お礼のお菓子を持ち帰っていただきます。わたくしは骨拾いのあとに失礼したのですが、多分全部終了したのは7時半ぐらい。
この年になると、自分の親のときはどうしたらいいのかを無意識にシミュレートしていたりします。やっぱりうちの親も自宅で送ってほしいんだろうなぁ、とか。うちの親戚はほとんどが徒歩15分圏内に住んでいるのですが、そんな小さいエリアなのに葬儀手順が組によって細かい違いあるようでした。みな普段から組の仕事に携わり、覚えていくようです。チームうららか本拠地にはそういう習慣がないので、お茶出しや茶碗引き、お饅頭の用意や手土産作りなど親戚がやる裏方仕事でせっせとご奉仕してまいりました。次にこのメンツで集まるときは、この中の誰かを送るときだな、とおもいつつ。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

非時の味わい その1

大辞泉によると、

ひ‐じ【非時】 仏語。
1 僧が食事をしてはならないと定められた時。正午から翌朝の日の出前までの間。僧侶は正式には一日一食で、午後の食事は禁止されていた。

2 僧の午後の食事。規定にかなう正午以前にとる食事の斎(とき)に対していう。非食(ひじき)。非時食(ひじじき)。

3 会葬者に出す食事。(しの)ぎ。

フランス語ではありませんよ(笑。れっきとした仏教用語であって、このへんの方言でなかったと辞書引いて知った高校生のとき、結構驚きました。
さて親戚に不幸があり、約3年ぶりに非時をいただきました。実家のあたりでは、葬式がでると組内で男衆は葬儀の準備から火葬手続きまで、女衆は食事の用意をする決まりごとがあります。この習わしも、親世代の引退と同時に消え行くものであるよな、とおもうことしきり。なんせ昨今の新築住宅は、自宅で葬式ができるようになっていませんからね。葬儀会館がぼこぼこ建設されているのを見るにつけ、結婚式の次は葬式が自宅からアウトソーシングされつつあることを実感します。
非時は葬儀当日にいただきます。今回の場合は12時開始ということで、母から11時ごろに公民館に行くように言われます。ここで一回目の非時をいただきます。

hiji01

左上から時計回りに、「切り昆布と油あげ」「醤油豆」「胡椒汁」「白飯」です。この胡椒汁ですが、「胡椒を大量にいれた醤油風味のお湯」です。これを不用意に飲むとのどが焼けます。涙を流すためのツールだそうで。ちなみに蓋に「コショウ」と書かれた薬缶がどんと置いてあって、そこからお碗に注いでもらいます。食後のお茶は白飯のお碗でいただきます。洗い物を少なくする知恵なんでしょうか。
食事が終わると葬儀会場の故人宅まで戻ります。

(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

福袋

松坂屋北館リニューアルということで、初日にいってまいりました。テーマは「LOHAS! My Life」。好きだね~ロハスとやら。
キャシー中島のハワイアンキルトのお店がオープンする、ということで4階に行ってみたら、まだ開店10分後ぐらいなのに売り場大混雑。そのとなりのホビーラホビーレは人いないのに、なんでだろ?とおもったら、2階家具売り場に本人がいました。ローカル情報番組の生中継に、アナウンサーととも出演中。教室の人とかがどっと来ていたようでした。ざっと見たかぎり、生地の値段は近くの大塚屋のほうが安かったし、キットはお高めだしで、早々に退散して館内めぐりをする。あの古いビルをうまくリフォームしたな~と感心したわ。初めて見る自然派化粧品が豊富で、ほかにもオーガニックな食材がたくさんありました。みんなもちろんお高めでした(笑。はちみつ専門店なんつーのもあったな。
さて、開店記念福袋というのを買ってみました。
まずはホビーラホビーレ。

hobbyra

秋仕様のタペストリーキット、赤いチェックの生地1m、完成品のネックマフラーの3点で5000円。秋までにキットを完成させることができて、生地でエプロンをちゃんと作ったらば割とお買い得。福袋の中身を一緒に探ってくれた売り場のお姉さんありがとう!

次は1階のオーガニック食材のお店ペルケノォンの福袋。
per

パスタ2種、ティーバッグタイプのコーヒー、チョコレート、ミント、マシュマロ、飲み物2種、ジャムとオリジナルのバッグで3150円。一番ほしかったのはこの袋だったりする(笑。中身はちびちびと食べようっと。
わたくしの大好きなヴィタメールも入ってました。ますます名駅にはいかなくなってしまいそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

♪梅は~咲ぃ~たか

土曜日、陽気に誘われて出かけてきました。意気軒昂に出発したものの、車中の会話は
相方「ねー、南部丘陵公園って場所わかる?」
わたくし「アナタが行きたいって騒いでたのに、場所知らんの?」
相方「だって(わたくしが)地元民だから知ってるとおもったもん」
おひおひ。途中地図を確認したりして到着。梅林があるということを、現地の幟にて知る。

nanbu01

うーん、枝先に三分咲きってとこかしら。いまはもうちょっと咲いているとおもわれます。紅梅はもっと蕾ばかりでした。芝生広場や遊具もたくさんある広い公園をずかずか歩くと、

nanbu03

こんな看板が。高いところが何より好きな相方が見逃すわけはなく、登ることに。竹薮の中をアップダウンを繰り返しながら進む、その名のとおりアドベンチャー気分を味わえるコースでした。うららかは、

nanbu04

もうノリノリ。てんちゃんが「海っ子」なら、うららかは「山っ子」だわ~。
住宅地のすぐそばなのに、山登り気分が満喫できます。

nanbu02

ま、このうれしそーな笑顔ったら。またこようね。


関連リンク→南部丘陵公園パーフェクトガイド


| | コメント (7) | トラックバック (0)

京都から愛

以前チーズケーキを進呈したまる姉さんから宅急便がやってきた。中身は京都の老舗「一の傳」の西京漬でした。ありがたや~ありがたや~。

ichinoden

やっと写真撮れたのでUPします。いつも焼いたらすぐ食べちゃって、後で「あ、写真...。」と気づくのだった。これが最後の一枚で、お昼ご飯にひとりでうまうまといただきました。西京漬というと、お弁当にはいってるサカナ、ぐらいの認識だったけど、最近こういう味がすごく好みになってきているな。寄る年波効果か。本当にありがとう!>まる姉さま
名古屋だと「鈴波」(こちらは味醂粕漬けというらしい。そしてぐぐっていたら、鈴波は大和屋守口漬総本家がやっているそうな。知らんかった!)というところが有名なんだけど、ここがやってる「六行亭」というお店にいってみたいー>だれとはなく

| | コメント (5) | トラックバック (1)

現実逃避で

こんなものを作ってみました。

これが表。
bookcover01

裏。
bookcover02

装着。
bookcover03

bookcover04

うーむ、ハワイアンキルトってブックカバーには向いてないかも(汗。文庫サイズのはアマゾンでオマケにもらったのがあるんだけど、新書サイズがほしいなーというリクエストに答えてみました。あと、上部のループに適当なリボンをつけて栞にする予定。
途中でほっぽってあって、仕上げなきゃいけないバッグがあるのだけど、竹の持ち手がいいのが売ってないのだー。それが手にはいるまで、なんとなく仕上げる気が起きないのであった。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »