« 石垣島紀行 その4 | トップページ | ひゃー »

展覧会in犬山

日本犬保存会の中部連合展覧会愛知展にいってまいりました。家をでたときは大雨で、道中も雨と晴れと交互にやってくるヘンなお天気。でも会場はちょっと地面がしめっている程度で雨はなかったです。やっぱりかわいいのは幼犬・幼稚犬。

Inuyama030

この子は飼い主さんの脚の間が定位置。

Inuyama01

この子はハスキーの仔犬です、っていっても通用しそうだ。茶色い部分がほとんどなくて、「チョビ~!」と呼びたくなった。

Inuyama04

全体的に、毛を割ると白いタイプの黒柴ちゃんがほとんどでしたねー。毛先だけが黒いかんじ。うららかはまっくろタイプです。しかし、200頭ぐらい(未去勢の雄がいっぱい)いても、吠え声はたまにしか聞こえてこない。皆、犬扱いがなれているのと、犬も堂々としててギャンギャン威嚇したりしないのね。世間では「吠えてうるさい犬種」と思われていそうな柴犬ですが、実はもの静かなのであった。
今回も箱詰め柴犬がいっぱい。

Inuyama02

このあずき色の大きさのを新しいバリケンハウスとして買おうかなと思っていたのだけど、ちょっと、、、みっちりしすぎ?ちなみに石垣行きで使ったバリケンはこれの次に大きいサイズのです。なやむー。

|

« 石垣島紀行 その4 | トップページ | ひゃー »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

「チョビ~!!!」だ、まさに(笑)
ほんっとにかわいいですね~。
足の太さと子犬特有の不機嫌な表情のアンバランスがたまらーん!
私も行ったけど幸せなひと時でした(笑)
確か黒柴って三河種ともう一種あるんですよね。
そのもう一種の方の黒柴ちゃんかしら、画像のコは。
うららかチャンは真っ黒だけど茶色だし三河種??
うちは段々黒が抜けてきてなんだかマヌケな感じです。

地震の時の為に頑丈なバリケンが欲しいんですが、どのメーカーがいいのかサッパリです。
どうしたものか。。。
わんこ用非常袋も作っておかなきゃ。
東海地震とは関係ないって言われてるけど、最近地震多くて段々心配になってきましたよ。。。

投稿: みゅ | 2006/04/25 11:43

チョビ~!
やっぱ黒柴はかわいいなー(完全に親の欲目)。
うちのまるこは黒のほかはほとんど茶色だから、白いのが多い子は新鮮だわん。
うらりーがガミガミしたバリケン、買い換えるのですな。
ブリーダーさんが薦める大きさって、どうみても小さいんですけど…。
「狭いほうが落ち着くんですよー」と言われ買ったけど、そこに入れて車でお留守番すると、必ず不機嫌になりますの。
狭くて怒り狂ってるのか、置いてかれたことに対してご立腹なのかは不明ヽ(`Д´)ノ。

投稿: ○姉 | 2006/04/26 21:10

お久しぶりです~。

おおー可愛いー!!やっぱり柴の仔犬は可愛いですね。
こんなちっちゃいうちから展覧会に出るんだ~。
黒柴は確かにハスキーと間違えますね。ワタクシは尻尾で見分けますが(笑)

去年の秋に関東連の展覧会に行ったときも、やっぱりケンカする声をまったく聞きませんでした。
やっぱり犬に慣れているんでしょうね。犬舎も犬だらけなわけですから、日常的に犬同士で集団で生活しているんだし。
柴犬が吠えるのは、番犬として飼われてる子が多いからですよね。本当は吠えない犬種なんだと思います。

また展覧会行きたいなあ。

投稿: 真島サキ | 2006/04/26 22:31

>>みゅさま

ほんとチョビそのもので、「とって喰らうぞよ」とフキダシをつけてあげたかったです(笑。うららかは鳥取生まれなんで三河からは遠いかも。まえにもボシログでよっぺーさんが日保の人から「黒柴は一本の毛に白茶黒の全部がはいってるほうがいい」と言われたと書いてあったので、まさにそんな黒柴ちゃんが勢ぞろいでした。
静岡はゆれますもんね。ゆれが小出しできて、大きいのが軽減されるといいんだけどなぁ。犬がいると避難所にも入れないので、我が家では一人は情報をもらうために避難所、一人はうららかと庭でテント貼る予定ですー。甘い?

投稿: earth | 2006/04/26 23:52

>>○姉どん

この子は特別かわいかったのよー。仔柴は元気いっぱいで、見てても楽しいわー。
バリケンのサイズ、やっぱり小さいよね?これはたぶん100なんだけどうちのは200(これ以上大きいと取っ手がないタイプ)。展覧会にきているひとは何頭もつれているから、スペースの関係上小さいほうがたくさん積めるってのもあるかも。会場で見かける和風の日本酒ケースみたいな檻って、もっと小さいし。まるちゃんは100を使っているのね。でもできればコンパクトなほうがいいしなぁ。なやむ。

投稿: earth | 2006/04/27 00:01

>>真島サキさま

こちらこそおひさしぶりですー。ハスキーはしっぽが狐タイプで、巻き上がっているのでアラスカンマラミュート、でしたよね。ところで今回だけなのかは不明ですが、女性ハンドラーにはコシヒカリ1Kgプレゼント!と大盤振る舞いしてました。次回もぜひ出陳を、と日保のおじさんが笑顔で勧誘しておりました。ほとんどが柴犬(小型)で、紀州がちらほら、四国犬は1頭だけしかみませんでした。四国犬や甲斐犬はあこがれなんだけど、自分じゃちょっと無理な犬種の鑑賞にはとってもよかったです。犬がいっぱいいるだけでわくわく~。

投稿: earth | 2006/04/27 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37594/9735438

この記事へのトラックバック一覧です: 展覧会in犬山:

« 石垣島紀行 その4 | トップページ | ひゃー »