« 日本海・鳥取紀行その3 | トップページ | バッグ完成 »

日本海・鳥取紀行その4

三朝温泉をでてもまだ外が明るいので、鳥取県のちょうどまんなかあたりにある倉吉市に寄ってみる。白壁保存地区をぶらぶらと。

Dsc03274

連休でお休みか早仕舞いのお店が多かった。その中で、地元酒蔵のお店をのぞくとこんなものが。

Dsc03277

元帥酒造」の名は日露戦争の英雄東郷平八郎が元帥に叙せられたことにちなんで。そんな場所にこの方の色紙があるとは。ひとりニヤニヤの不気味なわたくし。やっぱりねえ、お習字の上手い人っていいわ。隣にブッチホンの人のもあったんだけど、政治家としての器の違いが出ていたようにおもった。しかし、なんでここに二人の色紙が飾られているのだろうか?謎。

さて旅も終盤。米子自動車道蒜山ICをめざす途中で大山を眺める。

P1020769

もやがかかっていてあんまり見えない。途中、ナビにないけど蒜山ICまでほぼ直結の道を発見する。ナビはたしかに優秀なんだけど、道路標識もよく見ておかないと情報が古いときがありますね。

蒜山SAにて夕食をとって岐路に着いたのが20時半ごろ。途中神戸付近の中国道と山陽道が合流する手前ぐらいから渋滞にハマってしまう。もうちょっと夜遅く移動したほうがよかったか。吹田あたりまではずっとノロノロだった。その後適宜運転交代しつつ最後に養老SAで休憩したら、夜行バス大混雑そして売店大賑わい。夜の1時すぎてるので、てっきり自動販売機ぐらいしか稼動してないとおもったら。最近ってこうなんでしょうか。大垣ICで降りて帰宅したのが翌2時ごろでした。うららかは休憩でごはんを食べたらおとなしくバリケンにて寝ていた。すっかりあきらめ旅慣れてきたようだ。

こんなものを買いました。

Dsc03281

打吹公園だんごは倉吉の銘菓で、お餅を三色の餡でくるんで団子。お茶請けにはとってもナイス。干し椎茸は村岡の道の駅で購入。道の駅って地元産のものが豊富で便利だわ。
鳥取というか山陰地方はごてごてした外食チェーンの看板や無駄に多いコンビニなどがなくて、すっきりとした日本の原風景を楽しむにはとてもよいところでした。二日目が子供の日だったのだけど、国旗を玄関に掲げている家が少なからずあり、そんなところも好印象でした。うちもやってみたいのだが、今風のツーバイの家には似合わないんだよねぇ。もちろん鯉のぼりも豪華&巨大!名前と家紋を染め抜いた幟とともにフルセットで飾っている家も多かった。丁度鯉のぼりが気持ちよく泳ぐぐらいの風が常に吹いていて、運転中も楽しかったです。時間がなくて鳥取西部にあるといううららかのふるさとまではたどり着けず、次回(っていつになるか不明だけど)出雲大社&島根めぐりのときに行けたらいいな。
ここまでお付き合いありがとうございました~。

|

« 日本海・鳥取紀行その3 | トップページ | バッグ完成 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

チームうららかの旅行記を読んで、旅行に行った気分になっているるん太です。
ほんとーーーーにフットワークが軽くて、引きこもり気味のうちらにはとても眩しい・・・。
この調子なら、うらりー連れて栃木まで来ることも可能かしら?
お待ちしてますので、ぜひ!(笑)

投稿: るん太 | 2006/05/10 19:28

鳥取にもこんな白壁の屋敷とかがあったんですね。
蒜山のペンションに泊まった覚えがありんす!!夏でも水が冷たくて涼しかったのだけ覚えてるわ~。いかんせんガキンチョの時だったからもしかして、こういう所も行ったかもしれないけど・・・今くらいのトシになって日本の古い建物とかをみて「懐かしい」と思えるようになったな。
それまでは「古い」「ボロ」とか言ってたのに。
バリケンに慣れるとあちこち行けてええですね。うららかちゃんもご満悦ね!?
 最近のPA・SAは24時間のレストランも随分増えて便利になりましたよね。私らも何度お世話になったことか。
 こちらこそ、earthさん所の記事をみてまたも、旅行した気分に浸っちゃったわ~ありがとン!!

投稿: さよ | 2006/05/11 00:14

なぬ!鳥取へ?!しかも役小角?!行きたい!!(笑)
姉が京都とかに行く時に、ETCの割引を使おうとしてたら、東海圏から関東圏まではすごい割引があるけど、名神とかは少ないっと怒ってましたから(笑)

投稿: 小作おかっち | 2006/05/11 10:01

役小角でググってみたら興味深いページ発見。
http://inoues.net/mystery/ennoozu.html
『「役行者」というのは日本における「体育会系」ワンダーフォーゲル活動の元祖』というのはいえてる~とおもった。

ETC割引は近郊(首都圏除く)なら通勤割引がおすすめですよ。名四など一般道とうまく組合わせれば時間もコストも控えめでよろしいかと。

投稿: tur2k3 | 2006/05/11 12:34

レポお疲れ様でした~。
日本旅行は心に優しいですね。
また行った所の趣は年齢によっても感じ方が違う。
若い頃にわいのわいの行く所と、ある程度の年輪を経てこそそのものの良さを感じえるものがありますね。
またその歴史を知ってて見るのと只漠然と見るのでは残る物が違うし~。
なんか色々言ってる割には同じような所ばかりでまだまだ未開の地が多いなぁ~と皆さんの旅行記見て感じる次第です。
話変わるけど「道の駅」大好き~!!
驚くほど充実している所もかなり多いですよね~。
おもわずなんやかや買い物してしまいます。
渋滞は大変だったけどなかなかいい旅のようでしたね~♪

投稿: tar | 2006/05/11 12:36

>>るん太った

この旅行は相方孝行の旅だったんだけど、山陰地方の良さがちみっとわかった旅でもありました。今度は放浪の旅とかいいかも。うちも基本的に引きこもりだす。でも、「○○が△日で終了」とかに弱いのだ。今回は餘部鉄橋がきっかけでした。いけたらいいなあ、栃木。

>>さよさま

日本的な町並み、いいですよね。京都の観光客数もすごく増加しているそうだし、日本人の平均年齢がどんどん上昇しているのにあわせて、懐かしい風景を求める人が増加中なのかも。30代前半ぐらいまでは海外旅行ばっかりだったけれど、遅ればせながらやっと国内に目をむけるようなり、せっせと開拓中ですわ。
アルバム整理が全くできない性格なんで、こうしてブログで記録を残すととても便利(笑。楽しんでいただけて幸いです~。

投稿: earth | 2006/05/11 15:55

>>小作おかっちどん

そうだよー、法力でえいや!って小角さまならできる!日本三大超人のひとりだもんね(あとふたりは空海と安倍清明)。通勤割引は100kmまでだから、三河方面からだとちょっと京都はとおいね。子供さんがいると深夜割引もきついし。うちは行きは大垣-敦賀で通勤割引、帰りは蒜山-大垣で深夜割引で帰ってきたよ。

>>tur2k3

山中の修行がワンゲルかい!カラス天狗の格好して走り回ってらっしゃいな。うららかとわたくしは留守番で4649。

投稿: earth | 2006/05/11 16:14

わわわ、役小角のググリページ見たけど、ちょっとやそっとじゃ読めそうにないわー。じっくり読むわねー。
そうそう、100キロって聞いてたから途中で降りたらしいんだけど、500円しか安くなってない!と怒ってました。まだ仕組みがよくわかってないのか~?。ETC研究せねば!(笑)

投稿: 小作おかっち | 2006/05/11 21:50

なんどもすまんの。>相方

おかっちどん:
ETC割引料金はハイウェイナビゲータ(JHからnexcoなんかになっちまってよー)で確認しとくのが一番ええよ。
このあたりでくせもんは東海環状道と伊勢湾岸道の“橋”。
それから通勤割引は「朝、夕それぞれ一回の支払い時のみ」なので、東名阪の均一料金区間(名古屋外周)を通ると割引区間が途切れるのでそれも注意をば。

投稿: tur2k3 | 2006/05/11 22:21

>>tarさん

年を重ねてから見る風景は若いときと感じ方が違う、ほんと同感ですわ。昔修学旅行で見て、「ふーん」程度だった名所旧跡、今もう一度見てみたいなって思いますもん。大人の社会見学や修学旅行がひそかなブームと聞きかじりましたが、同窓会を修学旅行アゲインでやったらさぞ楽しそうだわーん。誰か物持ちのいい子が「旅のしおり」保管してるだろうし(笑。
ゲンゲンチームもるん太家まで特攻かけたんですもの、次は聖地へぜひ(笑。よっぺーさんとの掛け合いを字面じゃなくて生で聞いてみたいわ。

投稿: earth | 2006/05/11 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37594/9960169

この記事へのトラックバック一覧です: 日本海・鳥取紀行その4:

« 日本海・鳥取紀行その3 | トップページ | バッグ完成 »