« 片付け | トップページ | 美ヶ原・蓼科紀行 その2 »

美ヶ原・蓼科紀行 その1

16日、朝5時起床。昨晩はキャンプの準備を途中で放り出して寝てしまったので、あせりながら続きをする。すると、7時ぐらいにはもう名古屋駅についてしまいそうだというメールが相方から飛んできた。予定では8時半着で、8時に家を出る心積もりだったのであせりまくり。かなり大雑把に荷物を用意して戸締り、うららかを乗せて名駅へGO。
駅西ソフマップ前で相方をピックアップ、途中ちょっと渋滞はあったけれど、基本的に順調に進む。が、SAはどこも大賑わい、特にガソリンスタンドが長蛇の列であった。松本市内と比べて1L/10円の差があったから当然か。長野道を松本ICで降り、美鈴湖をすぎて王ヶ頭へ。今日の目的は「はてな」で開催された「TOUR DE 信州」のゴールを見学するためだったが、すでに皆さん解散モードであった。この標高まで自転車で駆け上がってきた参加者の皆さんはすごいわー。
宿泊予定の三城いこいの広場オートキャンプ場へ。

三城いこいの広場のHP
マップルネット・キャンプ場ガイドページ

Dsc03453

Dsc03452

ここは美ヶ原からの登山道の終点にあたるため選定したのだが、各サイトにすのこが5つほど装備されていて、この上にテントを設営するととってもよいかんじ。当てられたサイトは、駐車場とテント設営場所が急な階段でつながっているところだったため、何度かずり落ちたり。でも隣との間もうまくとれており、ゆったりすごせる良いキャンプ場だとおもいます。
松本市内で仕入れた食材でいざ焼肉!と意気込んだら、ランタンの電池を忘れていたことに気づく。5月のときは本体を忘れて往生したので、今回はしっかり持ってきたのに、電池ないって(涙。こちらの売店には単1が売っておらず、暗くなってきてからは虫除けキャンドルの明かりだけをたよりに、焼け具合を確認しながら食べるはめに。明かりがないとどうにもならないので、お風呂と電池を求めて松本市内までおりる。次回はランタンをもう一つ増やすか、ヘッドライトを買わねば・・・。
(つづく)

|

« 片付け | トップページ | 美ヶ原・蓼科紀行 その2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37594/11546631

この記事へのトラックバック一覧です: 美ヶ原・蓼科紀行 その1:

« 片付け | トップページ | 美ヶ原・蓼科紀行 その2 »