« 美ヶ原・蓼科紀行 その1 | トップページ | 美ヶ原・蓼科紀行 その3 »

美ヶ原・蓼科紀行 その2

2日目。今日の目的は美ヶ原と、そこから南に下る登山道を降りるハイキング。

P1040011

すずしい~。高原の風だわ。

P1040022

うららかがしげしげと牛を見ていると

P1040023

1頭の牛が物見高く寄ってきた。

P1040025

ハイ、見合って見合って~

P1040029

なんてことやってたら3頭に増える。
うららかも一歩も引かないのが笑えたが、牛が興奮するといけないので遠ざける。すると、周囲にいたお父さんたちはすかさず我が子を牛たちの前に並べて、シャッターチャンスを逃さない。その判断のすばやさに感心した。

P1040040

塩くれ場。ここから道が3つに分かれている。うららかと相方は百まがりの道、わたくしは駐車場に戻って、車でキャンプ場で待つことに。
テントサイトに到着し、さーてしばらく寝よ、と目を閉じたら、うららかの足音が。もう下山してきたんかい!

P1040063

いくぜよ!(なぜか高知弁)

P1040067

遅いと置いていくかんね。

P1040076

川を渡るのはちょっとこわいの。

P1040082

大変楽しかったらしい。頭を下げて、常に相方の先をぐいぐいとリードしつつ嬉嬉として下山していたそうな。脳内BGMはF1のテーマ曲に決定。

この後、お昼にそうめんを食べ、松本市内にでかける。松本城を見に行こうとしたら、どしゃぶりの雨が降ってきたので車窓からちらっと。風景にお城があるっていいね。夕食はおいしいお蕎麦で!と意気込んでみたが、店の選定をまちがってしまったので特に触れません(汗。キャンプ場にもしとしとと雨が降りだし、雨音を聞きながらさくっと寝る。
(つづく)

|

« 美ヶ原・蓼科紀行 その1 | トップページ | 美ヶ原・蓼科紀行 その3 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

補足:
御在所に続きこの登山(下山?)で「チームうららか下山隊」の結成が決定的となる。
しかし、ここは通常3号にあまんじているわたくしめも負けてはおれず、うららかと熾烈なリーダー争いが繰り広げられた。
わたしときっとうららかの頭の中にも一昔前のF1テーマである「T-スクエア / TRUTH」が鳴り響いていたことは間違いなかったのである。

投稿: tur2k3 | 2006/08/23 22:59

おひょ~!気持ちよさそうな風景ばっかりだねぇ。
こっち来てからこういう風景があちこちにあるので(爆)
有り難みが薄れてたんだけど・・・。
やっぱり長野と聞くとありがたさが倍増!

今度松本行ったら是非行ってみて~!
ちょっとお高いけど、雰囲気とお味は抜群だす。

レストラン鯛萬 http://www.taiman.co.jp/

投稿: うららか@北国 | 2006/08/24 01:10

やっぱり、おんなじなんだ~。
自然の中に入ると、獣の血が騒ぐのかな~?
本当に熾烈な先頭争いが繰り広げられるよね!

うちは桃ちと息子とリードを持つ私とで登山しましたが、
桃ちが少し寄り道してるうちに息子がダ~ッと先に行くと、
慌てて急いで先頭に行きたがるので、私がいい迷惑!
息子にプリプリでしたわ。
そんなことしてると、ものすごく早く到着しちゃうよね。
うらりーは牛を仲間と思ってないの?
(色が似てるから)

投稿: びょびょち母 | 2006/08/25 11:18

>>うららか@北国さま

たしかにそっちじゃじゃよくある風景だわね(笑。蓼科近辺はなぜか毎年行ってるなー。わりと近いし、行けば行くほど「あそこは犬連れでもOKだったな」とか経験値が増えるんで、便利なんだよね。犬OK乗り物が多いとこもポイントかも。オススメのお店、うららかが車でお留守番できる季節だったら行きたいわね。

>>びょびょち母さま

桃ちもなのね!去年車山から下山したときはあいにく伸縮リードをわすれていて、普通ので降りたらもうクビがもげるやろ!ってぐらいぐいぐいひっぱって先を行こうとして大変でした。それからは忘れないように気をつけています。
そうか、牛も同族と勘違いして寄って来たのかも?でかい牛にロックオンされると、座っているのに、クビだけずーっとこっちをみていてちょっとこわかった(汗。
あーいま思い出しても涼しかった。また行きたいわ。

投稿: earth | 2006/08/26 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37594/11547209

この記事へのトラックバック一覧です: 美ヶ原・蓼科紀行 その2:

« 美ヶ原・蓼科紀行 その1 | トップページ | 美ヶ原・蓼科紀行 その3 »