« 宇治紀行その2 | トップページ | 新そばと豚耳 »

宇治紀行その3

宇治川の中洲にある公園をぶらついていると

P1040383

遊覧船がとまっていたり

P1040386

鵜飼の鵜たちが。宇治川でも鵜飼やってるんだね~。うちのあたりだと岐阜長良川の鵜飼が有名だが、行ったことはないのだった。ここの鵜匠は女性もいらはるそうです。

P1040389

高いところから下を見下ろすのが好き。
ホント、ゆーっくりと犬連れて散歩するのに丁度よいところですわ。川沿いをずんずんと進んでいくと
P1040393

こんな素敵なお店が。「その2」で宇治金時ソフトをテイクアウトで食べたお店(中村藤吉平等院店)の別玄関です。京阪電鉄のイメージキャラクター「おけいはん(本名・京橋けい子24歳中学教師)」が「おけいはんの小旅 宇治茶の街」ポスターでここでお茶している写真が載ってます。「おけいはんネット」にて詳細を。CMがめちゃ面白い!2006年初詣編は秀逸だわ。近鉄や名鉄のCMもがんばってほしい。ここは犬NGなので今回はパス。
さて、そろそろおなかが限界に近づいてきたのだが、相方のたっての希望で

P1040395

こちらの手作り巻き寿司と

P1040396

こちらのコロッケ・串かつ・芋天・ちくわ天のランチとなる。ひとり310円(笑。宇治橋商店街ばんざーい!

さて、次なる目的地、八幡市の木津川にかかる、日本最長クラスの木造橋、通称「流れ橋」に向かう。時代劇などのロケでよく使われるそうな。「やわた流れ橋交流プラザ四季彩館」に車を置いて、5分ほど堤防に向かって歩くと

P1040419

P1040399

橋の全景はこんなかんじ。欄干や手すりは一切なしでスリリング。

P1040400

やっぱり下を覗くのが好き。
一応、ここは自転車や原付は押して渡りましょうと書いてあるのだが、地元民の生活道路なせいかみなさんガンガン自転車とばしてやってきます。そうするとはるか彼方から「ダダダダダ」と板木がものすごい音と振動をだすので、うららかが橋の途中からビビりはじめる。

P1040406

橋を渡りきったところで、相方を待つ忠犬のフリをして座り込み。実は怖いみたい。相方が合流したらしぶしぶ歩きはじめた。こうしなきゃ戻れないってわかっているらしい。えらいえらい。

P1040410

すごい「引き」でスタート地点まで戻るうららか。途中自転車が轟音をたてつつ横を通ると、耳が水平になったり後ろにぴたっとさせたりで忙しい。

P1040418

下から見上げた流れ橋。夕暮れ時で、家路を急ぐ人がたくさん通っていた。また、夕日を狙って素人カメラマン(おっちゃんおばちゃん率高し)がツアーで押し寄せていた。いつまでもこうして残っていてほしい橋です。

帰りは第二京阪道路八幡東ICから名神高速竜王ICまで乗り、国道一号線で鈴鹿峠を越えて東名阪国道で帰宅。途中亀山IC手前の有名うなぎ店「初音」に初チャレンジ。いつも車で一杯なので、興味あったのだった。平日だからか店内は空いていた。

Dsc03729

松うな重をオーダー。相方はちょっとこだらん(少し足りない)かったらしい。道理で注文するときに店員さんが「大盛」かどうか確認してたのね。うなぎはパリッと焼かれていて、とってもおいしかったが漬物が好みでなかったのが残念。
ほとんど思いつきで実行した今回のチームうららかのおでかけでしたが、宇治も流れ橋も期待以上にいいところでした。日本犬連れだと、つい和風な場所に行きたくなってしまうわ。うららかがすごく風景にマッチしていい写真が撮れる(ような気がする)のだもの。いつもつきあってくれてありがとう>うららか。
(おわり)

|

« 宇治紀行その2 | トップページ | 新そばと豚耳 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

チームうららかとツボが似てる節はございましたが、今回の「流れ橋」には感激いたしました。
何気に「いい橋だなー」と思って写真を拝見しておったのですが、URLをクリックしてそのポリシーにきゅーんと来てしまいました。
初めから流れるように作ってある橋なのですね。素晴らしい!
日本人なら自然とは共存ですよねー、やっぱ。
「行きたいところ」にまたひとつ追加~♪

投稿: i-boshi | 2006/11/20 00:05

商店街のお惣菜おいしそう・・・私も大阪に泊まった時夕方の黒門市場に出かけ「オマケするで」に負けてレストランをキャンセルして「黒門の惣菜」を部屋で大量に頂いたことが・・・安くておいしかったぁ(笑)ちなみに泊まったホテルは部屋が広かったので、「中食」をしたくなったのもあるかもしれないです(汗)

流れ橋、結構高さがあるんですね~。
そりゃぁうららかちゃん座り込みするわけだ(笑)
宇治までそんなに遠くもないのですね。・・・て私の所からはメッチャ遠いけれど。
日本犬を連れていると「和風」な所に行きたくなりますね。
ウチなら隣町鎌倉になりますが、大抵「犬はダメ」って張り紙がしてあってカンジ悪いんです・・・
私も今回平日に旅行をしましたが、やはり平日だと道も店も空いていていいですね。ってしょっちゅうそんな贅沢できないけれど(笑)

投稿: さよ | 2006/11/20 13:58

>>i-boshiさま

地元の人にとってはフツーの「橋」なかんじがまたよかったです。おなじく犬の散歩をしてたおっちゃんもいましたし。夕暮れ時に行って正解でした。ぜひ行ってみてくださいね。ま、でも一回行ったら満足です(笑。
こうして京都近辺にはいくのですが、京都市内にはぜんぜん行ってないです。やっぱり混雑してるんでしょうかね。

>>さよさま

黒門市場ね!あの近くに住んでる知り合いがいて、そこんちに行くには市場を通り抜けるんですけど、「てっちり」とか魅力的な看板がいっぱい(笑。ホテルの部屋で「中食」、出張で一人夕食のときはよくやってました。気楽でいいですよね。
鎌倉も一度チームうららかで突撃したいところなのですが、いろいろと規制があるのね。犬OKだったらラッキー、ってな具合ですな。9月からこっち、相方の日曜出勤が続いていたので、その代休として平日にちょこちょこ休んでおります。やっぱりすいていていいですが、「定休日」攻撃にあう事もしばしばなので、注意が必要ですわ。

投稿: earth | 2006/11/24 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37594/12724633

この記事へのトラックバック一覧です: 宇治紀行その3:

« 宇治紀行その2 | トップページ | 新そばと豚耳 »