« はぴーばーすでー | トップページ | 「硫黄島からの手紙」 »

伊勢探訪

日本人の総氏神、伊勢神宮内宮(ないくう)にいってきました。
今日は母と母の幼馴染と3人で。相方はお仕事。
ETC通勤割引目当てで高速にのったものの、伊勢までいくと100km越えてしまうことに気がつき、松阪で降りてあとは国道23号で。現地駐車場に到着すると、1月中の土日は料金1000円徴収ということを知る。まあ仕方あるまい。でもこんな遠くに車とめて歩いたのはじめて、っつーぐらい遠くの河川敷に連れて行かれる。やっぱりまだ1月中なんだなぁ。すごい混雑を見た母が早めの昼食をとることを提案するので、参道にある手こね寿司の老舗「すし久」の2階に入る。ここは五十鈴川沿いの風景を見ながらいただけます。

Ts370011

手こね寿司(松)2100円。手こね寿司とは伊勢名物のひとつで、早い話がまぐろのヅケ丼なのだが、酢飯にタレの醤油を染ませてあるのが特徴。ここのは初めて食べたのだけど、マグロが生臭くないし、漬けてあるまぐろの切り口がぴかぴかしてて以前食べたものとは全然ちがうおいしさだった。老舗だけあるわ~。

Ts370013

伊勢では注連縄を焼かずに一年中飾っています。「蘇民将来」の札つき。

Ts370018

どーんと内宮さん。
この鳥居の向こうが五十鈴川にかかる橋になっていて、橋の向こうは神域。三途の川みたいなものか。

Ts370014

本宮。この中にお社があります。式年遷宮の説明文があちこちにありました。あと6年後なんだなぁ。ちなみに↑この位置からは写真撮影OKですが、石段の上はNGです。小さいころはすごく遠く感じたけれど、いまでも遠い(笑。やっぱりお伊勢さんは広いわ。参拝客も百人百様で、観光バスでやってきたツアーの人、同窓会の人、なんでここに?という風体の若者、バイクツーリング仲間同士、などなどいろんな人がいました。でもまあ皆、神様に手を合わせにくるわけで、日本もまだまだ大丈夫だ、とひとりごち。
丁度おなかがこなれてきたところで母お気に入りの「二軒茶屋」の店先で売っている牡蠣フライ串を食べる。ノロがなんだ!冬はやっぱり牡蠣さ。ここは奥の席がとってもかんじのよいしつらえになっているそうなので、次回(近々に相方と行くことになっている)はこちらでお昼にしよっと。すし久の前もどこも、昼時でごったがえしていて、先に食べておいてよかった。

Ts370020

そしてやっぱり甘いもの、ってなわけで超定番の「赤福」へ。ここのほうじ茶はおいしー。

Ts370021

Ts370022

この釜でぐらぐらとお湯が沸き立っております。
そのすぐ横のおかげ横丁は

Ts370023

こんなかんじで、とてもじゃないけど入れない(汗。内宮さんの中よりも混雑しているのであきらめる。最近はおかげ横丁にちょっと寄って赤福氷食べて帰るパターンが多くて、ちゃんと参拝したのが久しぶりなら、参道をひととおり歩いたのも久しぶり。こんなにお店が増えて、町並みも統一されててちょっとしたテーマパークのようになっているとは、かなりの驚きでした。来月ぐらいなら人も少ないだろうし、またそのときにじっくり見ようっと。

|

« はぴーばーすでー | トップページ | 「硫黄島からの手紙」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

久しぶりです、今晩は。
多いですね、この時期でもやっぱり伊勢神宮ですね。
てこね寿司美味しそうですね。
マグロの漬けはたまりませんね。
私も、昨年、一昨年とテニスの合宿で三重の方に行きまして、伊勢神宮にも行ってきました。
赤福も食べて、てこね寿司も食べてお決まりコースで
帰ってきました。
今年も一年良い事がありますように・・・・・
神様も大変ですよね、あんなに多くの願い事に・・・・・

投稿: たまりん | 2007/01/24 20:53

おひさしぶりです。
全国からやってきますものね、お伊勢さんめざして。天気がおだやかだったせいか、正月三が日も全国の神社仏閣への参拝客が例年以上集まったとニュースでききましたが、信心深くあることは良いことですね。赤福もいいですが、国道23号線沿いにある「へんば餅」もおすすめですよ。そこでしか買えないので、隠れた人気商品なんです。こしあん好きなわたくしにはどちらも大歓迎です(笑
今年もよろしくお願いします。

投稿: earth | 2007/01/25 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37594/13607968

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢探訪:

« はぴーばーすでー | トップページ | 「硫黄島からの手紙」 »