« 弓ヶ浜と大山方面 | トップページ | 松山松江紀行 その2 »

松山松江紀行 その1

なんとか無事に帰ってまいりました。渋滞レスでよかった。

今回のチームうららか強化合宿のお題は「フェリー」「城下町」「出雲大社」と決定。ディスカバー日本の旅は楽しいのだが、車で往復はちとつらい。

そうだ!(ぴこーん←電球点灯)
片道フネにしたら運転しなくてイイ!

とまあ単純に思いつき、いろいろ調べてみた。
西日本へのフェリーは神戸発が多いので、そこから乗れるフェリーで、一番乗船時間が少ないものが「神戸~松山」とでた。松山は道後温泉もあるし、一度は行ってみたいとおもっていた。利用したのは「ダイヤモンドフェリー」。決め手は、ペットルームでなく、ケージからは出してはいけないけれど部屋に一緒にいられること。ただし1便につき2組までで、特等か1等を貸切にする必要があるので、今回はわたくしが1等Bの個室でうららかと一緒、相方は2等ということで電話で予約。
さて、当日。18時すぎに家を出発して、東名阪経由で神戸六甲アイランドをめざすが、途中天理ICあたりを先頭に事故渋滞が数キロ続いていて、かなり焦ったがギリギリの1時間前に到着、速攻で乗船手続きをする。おかげで夕飯も禄に食べられず。

P1040737

車をフェリーに載せ、部屋に荷物を運び込んで、うららか入りのケージを持って移動するが、これが重い...。ひーこら運ぶ。

Dsc04486

部屋にセットアップされたうららかとケージ。
うららかは「だせーだせー」とケージの扉を前足で叩くが、それはできないので、床に持参の毛布を敷いて座り込み、懸命になだめてみる。そんなことしてるうちにボボーとフェリーが出港。瀬戸内を行くので、船が全然揺れなくて快適~。

P1040742

寄港地の今治に着く直前の朝日。

P1040750

今治港から見えた今治城。
ケージの扉ごしにフードをひとつぶずつ与えてごきげんとり、そうこうしてる間に松山に到着する。車ごと地上に降り、うららかには思う存分シーをさせる。
フェリー初挑戦の反省点は「夜ごはんはちゃんと与える」「特等個室を予約する」でしたね。夜ごはん抜きは彼女には合ってないことがよくわかった(汗。キャンプではごはん食べさしたあと、ケージで静かに寝てるものね。それから特等個室はベッドがセミダブルで、同行者が2等チケットを持っていれば2人で利用してもよい、と室内にあった「利用の手引き」に書いてあった。なるほどー!
次は九州まで行ってみたいなー。
(つづく)

|

« 弓ヶ浜と大山方面 | トップページ | 松山松江紀行 その2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37594/14940775

この記事へのトラックバック一覧です: 松山松江紀行 その1:

« 弓ヶ浜と大山方面 | トップページ | 松山松江紀行 その2 »