« 瑞西・巴里紀行 3日目その2 | トップページ | 護衛艦さざなみ »

瑞西・巴里紀行 3日目その3

ブリエンツの港に到着すると、右手にSBBの駅、その道はさんで向こう側にブリエンツ・ロートホルン鉄道Brienz Rothorn Bahnの駅が見えます。

P1050396

ちっちゃくてかわいい駅でした。ふと見ると、なんかあやしげな一団が写真を熱心に撮っています。

P1050393

どうみても、日本の鉄オタ(元)青年ご一行様です、本当に(ry
みなさんとってもはしゃいでました。というのも、ここは鉄道マニアにはたまらない、アプト式登山鉄道でかつスイスで唯一電化されてない路線、つまり蒸気機関車で運行しているのです。

P1050411

急勾配を客車を押し上げつつ進むため、機関車は一番うしろについています。そして勾配にあわせて傾けて設置されているいるのです。面白い。

P1050414

バックはこんなかんじ。

P1050409

有名な静岡の大井川鉄道とも姉妹提携しています。スイスに来て、これを逃す鉄オタがどこにいましょうか。というわけで鉄分多目(というか男子は大体スキだよね、SL)の相方は大喜びであった。
駅についたらすぐに電車が出発してしまったので次のを待つことにしたが、それは最終便で、「終点駅には5分しかいられませんよ」といわれるがかまわず切符を買う。スイスパスを見せて半額の23CF、6月中はこの片道料金で往復できるのでよりお得でした。最終便の乗客は家族連れ1組(3人)とわたくしたちのみ。

Dsc04675

ブリエンツ湖を見ながら、ジグザグに山を登っていきます。蒸気機関のまん前の席だったので、機関車の音がすごかった。ここらへんからすごく寒くなってきて、襟元に手ぬぐいを巻く。そして途中駅で家族連れが降りていったので、客車はわたくしたちだけになった。ここから頂上に着くまで、断続的に滝のような雨が降ってくる。客車はかまぼこ型のガラスドームの窓になっているので、これまた機関車の音をかき消すほど雨音が響いて少々ビビるほど。寒さにも拍車がかかる。しかし窓の外には

P1050435

P1050438

雨をものともせず、ゆったり草を食む牛がいっぱい。こんな近くにいていいのか?柵もなかったけど(汗。そうこうするうちにやっと終点に到着~。

P1050450

車掌のおねいさんに「降りる?」と聞かれて、お手洗いに行きたかったのでさっとすませてくる。

P1050453

駅舎の中には日の丸が。よほど日本からのお客さんが多いのね。でもちょーーっと赤い部分の割合が多くない?とおもう日本国民であった。そのうちにここもインドの旗とかが飾られたりしてね。駅で働く人も皆乗り込んで、最終列車が出発します。ユングフラウヨッホ駅もそうだったなー。帰りにも牛さんたちはまだいましたが、彼らに「オラオラ、そろそろお家に帰る時間だぜ」とばかりに

Dsc04682

Dsc04683

牧羊犬登場!雨の中、すごく働いていました。遠くには合羽で固めた牛飼いさんの姿も。ここらへんから寒くて寒くてあんまり窓の外を見ている余裕がなかった。ブリエンツ湖をクルージングしてたときはTシャツで十分だったのに!一日のうちに四季があるんですね。発駅に到着したとき、ドアを開けに来た車掌のおねいさんに「Vielen dank!」とお礼を言うと、笑顔で「Bitte!」と答えてくれた。びしょぬれになりつつ窓をしめたり安全確認したり、お疲れ様でした。
その後、駅のすぐそばのCOOPで今日の夕飯を買い込み、駅で電車を待つ。

P1050454

BrienzからInterlaken Ostまでは急行で18分ほど。

P1050457

1等車内はこんなかんじ。ホテルに戻って、フロントに「明日は朝早く立つので(5時半すぎ)、今日中に精算を済ませたい」と申し出、カードで支払いをする。フロントのおねいさん(かわいい)が「(早朝なので食べられない)朝食分をランチボックスとして用意しておくから持って行ってね」と言われる。んー、ナイスな対応!ハードはまあ普通でしたが、フロントの人の対応はこのホテルが一番好感持てました。部屋にもどってすぐお風呂に入り、寒さで凍てた体をあっため、買い込んだパンやサラダで夕飯をすませてすぐ寝た。それにしてもスイスパスを使い倒した濃い一日であった。
(つづく)

|

« 瑞西・巴里紀行 3日目その2 | トップページ | 護衛艦さざなみ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

乗り物の旅、絶好調ですね~♪
蒸気機関車、汽車自身の見た目も周りの風景もかわいくって、某絵本のソドー島みたいです。
うちの次男を連れて行ってやりたい…。(もちろん、ワタクシは計画できませんが)
しかし、あちらは冷えるんですね。場所を考えりゃ当然ですが、この夏の暑い時期に読んでるとうらやましくってしかたないっす。

投稿: i-boshi | 2007/08/04 17:16

>>i-boshiさま

天気さえよければ、そして防寒対策をちゃんとしてれば、乗ってて一番楽しかったのはこの蒸気機関車でしたね。ほかにも、ガイドブックには乗ってないようなトロッコ列車をみかけたり、スイスは乗り物好きには面白いところです。パリ行かずにスイスだけまわっててもよかったかも...。

投稿: earth | 2007/08/05 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37594/15985868

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞西・巴里紀行 3日目その3:

» Brienz Rothorn Bahn [かぶとよもやま話]
詳しくはhttp://uraraka.moe-nifty.com/blog/2007/08/33_3f0a.html [続きを読む]

受信: 2007/08/04 19:50

« 瑞西・巴里紀行 3日目その2 | トップページ | 護衛艦さざなみ »