« 護衛艦さざなみ つづき | トップページ | 瑞西・巴里紀行 4日目その1 »

「まんが甲子園」

って知ってました?正式名称は「全国高等学校漫画選手権大会」だそうです。8月4-5日に高知県で行われたのですが、麻生外務大臣が書面で挨拶を贈ったそうな。その文に、漫画に対する深い愛を感じましたのでご紹介を。外務省のHPにも載ってます。

第16回 まんが甲子園
麻生大臣挨拶

全国高等学校漫画選手権大会に参加する選手諸君。
外務大臣麻生太郎が、まんが甲子園の諸君にこうしてあいさつを言える。
数十年漫画を読み込んで来た者として、こんなにうれしいことはありません。
勝ち上がってきた諸君、暑い夏は、君たちのために準備されていたようなものだ。
白球を追うばかりが甲子園ではありません。指先が痛くなるまでペンを握りしめ、白々と夜が明けるまで机にかじりつくのだって、君たちの青春、勝負だろうと思います。

日本人くらい、マンガの文法を自然に身につけている国民はおりません。
このコマは、どうしてこの大きさなのか。なぜここは、背景が真っ黒でないといけなのか。
君たちには、その理論が知らないうち身についている。なぜ身についたか。

君たちの前に、偉大な先人の独創があった。
その前には紙芝居という、これも日本の発明がありました。
伝統はえんえんとさかのぼり、かの「鳥獣戯画」までいくのであります。
その伝統の最先端に、君たちがいま、栄冠かけて競い合おうとしている。

マンガは友情を描きます。人生をたった一コマに詰め込み、人の世の、喜び苦しみを描く。
CGには絶対つくれない夢の世界を、二次元世界に定着できる。
それをすべて、君たちのペンが成し遂げられるのです。

このことに、世界はやっと気がつきました。世界中でいま、猛烈な学習を始めています。
外務大臣としてこのあいだ、国際漫画賞というのを出しました。
香港の漫画家が第一回の受賞者になって、マレーシア、香港、オーストラリアの作家には奨励賞を出しました。
彼らの作品を見ると、日本の漫画家の誰から影響を受けたかすぐわかります。
ドイツからブラジルまで、応募作品どれ一つを見ても、日本の影響が色濃く出ていた。

漫画はいま、世界の人々が夢を紡ぎ、愛を語り、怒りをぶつけるメディアになったのです。
そしてその誕生の地、日本の、最も熾烈な戦いの場に今君たちは出動しようとしている。
君たちのような存在が、世界中の若者からどれほど羨望のまなざしで見られているか。
ぜひそれを知っていてほしい。最高峰のフィールドに、君たちは立っている。
まんが甲子園の選手諸君。ストーリーをとことん練れ。線に目一杯命を賭けろ。
君たちの作品を、雑誌で読める日を待っています。

外務大臣 麻生太郎

なぜ外務大臣が?とお思いでしょうが、麻生さんは自他ともに認める漫画好き。いまも老眼鏡をかけながら青年誌少年誌のほとんどを読破しているのです。若者に迎合するための漫画好き程度では、この文章は書けないでしょう。なんだか高校生の子たちがうらやましいです。

|

« 護衛艦さざなみ つづき | トップページ | 瑞西・巴里紀行 4日目その1 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

もう16回なんですね~。
少しずつ規模は大きくなってる…のかな?
ワタクシはたろちゃんに特別な思い入れはナイのですが、これはマンガ好きの心をくすぐるメッセージですねぇ。
移動中に山積みのマンガ雑誌を読破してる姿は自分の通勤中のソレと重なるものがあったりして、親近感のわくお方です。

投稿: i-boshi | 2007/08/11 11:20

後からearthさんの麻生氏への愛が思いのほか深かったらまずいのではないかい?と思い再コメントです。
もしも軽口が許せなかったらゴメンナサイ。。。

投稿: i-boshi | 2007/08/12 00:55

>>i-boshiさま

いえいえ、わたくしのたろさに対する愛は深いですが(笑
、親近感もっていただけただけでうれしいです。漫画読みには、グッとくる文章でしょ?
たろさの運転手さんは、各誌発売日にお迎えの車の中に置いておいてくれるそうです。そして彼が読み終わったあとはお子さんたち(大学生)が回し読み、とか。本当に、漫画の主人公のような人生を地でいくお人だなと、感心します。

投稿: earth | 2007/08/13 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37594/16071536

この記事へのトラックバック一覧です: 「まんが甲子園」:

« 護衛艦さざなみ つづき | トップページ | 瑞西・巴里紀行 4日目その1 »