« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

「シャイン・ア・ライト」

見てきました。ザ・ローリング・ストーンズのライブをマーティン・スコセッシ監督が映画にしたものです。白状すると、ストーンズというモンスターバンドはもちろん知ってるけれど、ファンでもなく知ってる曲といえば「Satisfaction」「Brown Sugar」「Start Me Up」ぐらい。ミック・ジャガーという人がヴォーカルで、キースという人がギター小僧の神様だということは知識としてある程度です。
そんなわたくしでも、ものすごく楽しめました。黙って座ってロックのライブ観るってなんかヘンでしたけど。手拍子したくてしたくて(笑。もうね、平均年齢64歳?とか信じられない!みんな顔や腕にシワはあるんだけど動きがどうみても60代ではない。特にミックね。髪振り乱してダンスしてる後ろ姿なんて、30代。演奏もストーンズ観たのはじめてなんでよくわからないけど、1曲がすごーく長くて、演奏しているうちに醸し出すグルーヴ感がものすごい!ゲストとの競演もあって、バディ・ガイと、クリスティーナ・アギレラとのは良かったわ。昔のインタビューで「60歳になってもロックをやっていると思う?」ときかれて「もちろん」と答えるミック、超美少年(美青年か)だったのも収穫でした(笑。当時ロックは「大人のやるものではない」ものだったわけで、それから40年経ってもストーンズはずっと先端走ってきたわけね。まだまだやってやるぜ!って気概を感じました。ミックはあのスタイルを維持するのにすごく努力してるんだろうか。髪もふわふわで、ロッカーは太るよりもハゲるほうがダメージでかいな、とふと思った。
年末に会った友達に、これを見る予定と言ったら、某アイドルグループメンバーの映画評では「ストーンズのファンでない人は眠くなる」らしいよ、と助言をもらった。しかし、この映画見て「眠い」って、一応音楽分野でも仕事している人が言っていいのか、と心配になった。ま、万人向けじゃないけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

豊川稲荷・大須観音

名前は聞くけど行った事のない初詣スポット、豊川稲荷にいってきました。伊勢湾岸高速を豊川ICで降りて数キロ。

Dsc06238

稲荷というからには神社だとおもってましたが、曹洞宗の立派なお寺でした(でもそう思ってた人は多いはず!)。祀ってある神様「だきに天」が稲穂を背負って白狐にまたがっておられるので、いつしか豊川稲荷、というようになったそうです(こちらにも詳しい説明あり)。
本当に立派な伽藍のお寺で、まず大きさに圧倒されました。最近行ったお寺のなかでも特に大きくて古くて、いい味だしてます。

Dsc06240

振り返ると巨大鳥居。でも抹香の香りで雰囲気はお寺。不思議〜。境内はいろんな屋台がでていて大賑わい、本堂では人がぎゅうぎゅう詰めになってお経をあげていました。この右手の庭がすごく広くて、祈願した幟(千本幟というらしい)が壁のように通路の両端に立っています。いろんな神様を祀ったお堂がいくつもあって、その奥の「霊狐塚」。

Dsc06245

かなり怖い...。お狐様は大事に祀っとかないけませんな。
門前町の商店街もえらいことの人出で、うなぎ屋さんが目につきました。わたくしたちはスタンダードにいなりずしとうどんを食べて駅前をぶらっと歩いて終了。
豊川稲荷、かなり気に入りました。やはり昔から信仰を集めているところはなにかこう、力を感じます。今度は東京は赤坂にあるという豊川稲荷分社に行ってみたいです。こっちは芸能人がよくお参りするスポットで有名ですね。
その後高速で名古屋ICまで戻り、ふとおもいついてコーヒーカジタに行くも、4人待ち&ケーキ売り切れだったので諦め。すごい人気ですね〜。そのまま広小路通を走って大須観音へ行くと、成人式帰りの新成人の方々がちらほら。かなり寒いけどあの白いマラボーで防寒できるのか?若いからできるんだなーと道中着、ショール、アームウォーマー完備の自分との差を感じる(笑。お参りしたあとは東仁王門通りの七福堂に行って、ぜんざいをいただいて一息つく。ここのはおもちがおいしいんだよね〜。
今日は忘れずに御朱印帳を持っていったので、またふたつ増えた。お寺のほうの冊子があと3つで一杯になるので、次の御朱印帳を探さないと。お寺や神社によっていろいろ違うので楽しいけど、コレ!というのに出会ってもその場で買わないといけないわけで、悩みどころです。
今年行った初詣は産土さん、多度大社、千代保稲荷、熱田神宮、椿大神社、豊川稲荷、大須観音。あとは深川不動と浅草寺と神田明神あたりに行ってみたい。お伊勢さんは今月中は駐車料金がいるんで来月行く(笑。行き過ぎ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書初め

Dsc06182_2

今年は2日に遊びに行ったお宅に道具を持ち込んで、書初めをしてみました。まずは参加者全員で「初日の出」。それから今年の目標を書いたり、フリーテーマで書きましたが、おもしろかったです。墨の匂いと、書いてるときに半紙をすべる筆のかすかな音、なつかしかった〜。硯と文鎮と下敷きはわたくしの学童用品、筆と墨と半紙はホームセンタで買ってきました。ちなみに上段左2枚が相方、残りはわたくしです。来年も絶対します(笑。

追記:
いま気がついたが、「初」はころもへんだったのだ!しめすへんになっている、恥ずかし〜。4人もいてだれも気づかなかった(汗。
いいのか平成21年!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

壽新春大歌舞伎

090103_154101

賀春。ということで、大阪松竹座に歌舞伎を見に行ってきました。今日が初日の夜の部「霊験亀山鉾」という通し狂言です。普通は演目の一部を集めた形式が多く、最初から最後まで一つの演目をずっと見るのは自分は初めてでした。
ストーリーは敵討ちがテーマで、挑んでくる相手を片っ端から返り討ちにしちゃう悪いヤツ、だけど美形(ここ、お芝居の中でも強調しまくり)な主人公、片岡仁左衛門演じる藤田水右衛門と八郎兵衛の二役が、どちらも悪漢なんだけど魅力的〜、色っぽい〜、なのであります。水右衛門なんか、何人手にかけるんだ、何人の背中に足のっけて見栄切るんだ、ってな具合。舞台上で振らせた雨の中での死闘や、棺桶やぶって水右衛門が登場したりの仕掛けが派手でした。しかーし、終了予定時刻を聞いたら「20時55分予定です」ときた。21時ジャストの近鉄特急で帰ることになっていたので、最後の「勢州亀山祭り敵討の場」の前に席を立ったのでありました。あーもったいなかったなー。これ、伊勢の国亀山で実際あった仇討ちの話が元なんですって。他の人のブログ検索してみたら、それからさらに15分オーバーしたとのこと。ストーリーも複雑で、家に帰ってからネットで復習しましたよ。一人二役が多くてそれも混乱の元だな。
4月の御園座の歌舞伎も見たいけど、立て替えが決まった歌舞伎座のさよなら公演も1回は行きたいです。最近は安い席でいいので、同じのを何度も見たいと思うようになった。伝統芸能つーのは繰り返し見ることで奥深さがわかるようになっているのでしょうか。文楽、まだ行けてないので年越し目標です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »