« 豊川稲荷・大須観音 | トップページ | 「花咲ける青少年」 »

「シャイン・ア・ライト」

見てきました。ザ・ローリング・ストーンズのライブをマーティン・スコセッシ監督が映画にしたものです。白状すると、ストーンズというモンスターバンドはもちろん知ってるけれど、ファンでもなく知ってる曲といえば「Satisfaction」「Brown Sugar」「Start Me Up」ぐらい。ミック・ジャガーという人がヴォーカルで、キースという人がギター小僧の神様だということは知識としてある程度です。
そんなわたくしでも、ものすごく楽しめました。黙って座ってロックのライブ観るってなんかヘンでしたけど。手拍子したくてしたくて(笑。もうね、平均年齢64歳?とか信じられない!みんな顔や腕にシワはあるんだけど動きがどうみても60代ではない。特にミックね。髪振り乱してダンスしてる後ろ姿なんて、30代。演奏もストーンズ観たのはじめてなんでよくわからないけど、1曲がすごーく長くて、演奏しているうちに醸し出すグルーヴ感がものすごい!ゲストとの競演もあって、バディ・ガイと、クリスティーナ・アギレラとのは良かったわ。昔のインタビューで「60歳になってもロックをやっていると思う?」ときかれて「もちろん」と答えるミック、超美少年(美青年か)だったのも収穫でした(笑。当時ロックは「大人のやるものではない」ものだったわけで、それから40年経ってもストーンズはずっと先端走ってきたわけね。まだまだやってやるぜ!って気概を感じました。ミックはあのスタイルを維持するのにすごく努力してるんだろうか。髪もふわふわで、ロッカーは太るよりもハゲるほうがダメージでかいな、とふと思った。
年末に会った友達に、これを見る予定と言ったら、某アイドルグループメンバーの映画評では「ストーンズのファンでない人は眠くなる」らしいよ、と助言をもらった。しかし、この映画見て「眠い」って、一応音楽分野でも仕事している人が言っていいのか、と心配になった。ま、万人向けじゃないけどね。

|

« 豊川稲荷・大須観音 | トップページ | 「花咲ける青少年」 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ストーンズの映画ですか!
観てみたいなーと上映劇場ググったら
一番近くで宇都宮でした(´・ω・`)ショボーン

あたしがご贔屓にしている某バンドは今年35周年ですわ。
ストーンズがやり続けている限り、自分らも出来ると
ライブでおっしゃってます(笑)
右の人の頭髪は全く問題ないですが
真ん中と左の人の頭髪はMCでガンガンネタにされておりますよ(爆) 

投稿: るん太 | 2009/02/11 20:25

これは!某新聞の夕刊で、今年有数(08年)の傑作に挙げられていた映画ではないか。
年を感じさせないすごい映画だ、と書かれていたように記憶しておりますよ。
ギター小僧だったまる兄いわく、ミュージシャンはものすごく体力いる職業で、ライブなんかでは特にそうだと。
まる兄の若かりし頃、ライブでは緊張も手伝って、最後の方は指が動かんなったらしい。
やっぱりすごいんですなあ~、ストーンズって~。

投稿: まる姉 | 2009/02/16 10:36

るん太さま

きゃー、すっかり遅くなってすまそん。そうよねー、わたくしが某バンドの事を知ったときは高校生だったけど、そのときには「苦節○年」って紹介されていたもの。先日BS2でやってた「フォーク&ロックリクエスト特集」ってので「メリーアン」を歌う過去映像の彼らを見ましたが、年月の流れを実感しましたわ。番組自体は、坂崎さんがMCだったらもっとオモロいのに、と思いました。ついでに全曲弾いてもらっても可(笑。

投稿: earth | 2009/02/21 22:12

>>まる姉どん

ライブDVDとはまた違うんだよね。あくまで「映画」だから、すごく映像がキレイです。3号はさっそくサントラ買ってヘビロテ中ですわ。ストーンズは一度も解散してないっつーのがすごいね。
年末に「ジュリー祭り」がNHKで放送されたのを見たけど、最後舞台裏を去っていくジュリーも、最初とは全然顔が違っていた。体重も激減するんでしょうね。80曲歌えばそりゃねー、と無理矢理ジュリー話題(笑。

投稿: earth | 2009/02/21 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37594/43887133

この記事へのトラックバック一覧です: 「シャイン・ア・ライト」:

« 豊川稲荷・大須観音 | トップページ | 「花咲ける青少年」 »