« よいお年をお迎えください | トップページ | 書初め »

壽新春大歌舞伎

090103_154101

賀春。ということで、大阪松竹座に歌舞伎を見に行ってきました。今日が初日の夜の部「霊験亀山鉾」という通し狂言です。普通は演目の一部を集めた形式が多く、最初から最後まで一つの演目をずっと見るのは自分は初めてでした。
ストーリーは敵討ちがテーマで、挑んでくる相手を片っ端から返り討ちにしちゃう悪いヤツ、だけど美形(ここ、お芝居の中でも強調しまくり)な主人公、片岡仁左衛門演じる藤田水右衛門と八郎兵衛の二役が、どちらも悪漢なんだけど魅力的〜、色っぽい〜、なのであります。水右衛門なんか、何人手にかけるんだ、何人の背中に足のっけて見栄切るんだ、ってな具合。舞台上で振らせた雨の中での死闘や、棺桶やぶって水右衛門が登場したりの仕掛けが派手でした。しかーし、終了予定時刻を聞いたら「20時55分予定です」ときた。21時ジャストの近鉄特急で帰ることになっていたので、最後の「勢州亀山祭り敵討の場」の前に席を立ったのでありました。あーもったいなかったなー。これ、伊勢の国亀山で実際あった仇討ちの話が元なんですって。他の人のブログ検索してみたら、それからさらに15分オーバーしたとのこと。ストーリーも複雑で、家に帰ってからネットで復習しましたよ。一人二役が多くてそれも混乱の元だな。
4月の御園座の歌舞伎も見たいけど、立て替えが決まった歌舞伎座のさよなら公演も1回は行きたいです。最近は安い席でいいので、同じのを何度も見たいと思うようになった。伝統芸能つーのは繰り返し見ることで奥深さがわかるようになっているのでしょうか。文楽、まだ行けてないので年越し目標です。

|

« よいお年をお迎えください | トップページ | 書初め »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
あーんどブログ復活待ってましたヽ(´▽`)/
お元気そうでなによりです。

建て替え前にある歌舞伎座のさよなら公演に
我が家も一度行ってみたいと思っているんですよ。
あの建物のうちに歌舞伎見物を体験してみたいなと。
ちゃんと起きて見ていられるか、ちょいと心配だったりして(^-^;

投稿: るん太 | 2009/01/05 19:59

おひさしぶりでーす。
リハビリがんばりまーす(笑。
歌舞伎座、あの建物がなくなるのはとても残念ですが、時代の流れですな。一年半ぐらいさよなら公演してるので、ぜひ一度いってみてください。わたくしも歌舞伎座は未経験なので同じく行ってみたいとおもっています。イヤホンガイド借りると面白いので、寝ずにすみますよ〜。
今回の演目は結構人殺しのシーンが多いので正月にはどうかなーというかんじです。でも仁左衛門さんは人斬った後の刀をぬぐった料紙をぱっと散らす様もかっこよかった!よっ、松嶋屋、の声が飛びまくってました。

投稿: earth | 2009/01/05 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37594/43630556

この記事へのトラックバック一覧です: 壽新春大歌舞伎:

« よいお年をお迎えください | トップページ | 書初め »