« 善光寺・戸隠紀行その2 | トップページ | ユニコーンin日本武道館 »

富山紀行その1

善光寺・戸隠紀行のつづき。
北陸道黒部ICで降りて、今日のお宿というかキャンプ場の園家山(そのけやま)キャンプ場へ向かう。入善町の町営なのですが、なんとテント張り無料でペット連れ込みOKという好条件!黒部川の河口の砂地で、松林になっています。

Dsc06514

Dsc06516

Dsc06517

センターで申込書類を記入し、ゴミの説明を受ける。本来は町のゴミ袋を購入しなければいけないのだけど、自分たちは調理せずテントで寝るだけですと伝えると、ゴミはちゃんと持ち帰る約束で了解いだたきました。暗くならないうちにテントをさくさく張っていざ夕飯。
今晩はお寿司にしようと決めていたので、「氷見きときと寿司黒部店」へ直行する。まだ6時すぎなのにもう大行列なのを見て、これは当たりだなと確信したが、実際はそれをはるかに上回るおいしさでした。食べるのに夢中で写真はないんですが、ホタルイカ、ぶり、白魚、かつお、などなど大満足でした。知らない名前の魚もいくつかあった。地元の呼び方なのかな?回転寿司でこのクオリティはなんぞや!と相方と感動したものです。あと、シャリがおいしいのはやはり米どころのなせる技。とにかく強力おすすめです、きときと寿司。県外ナンバーの車もたくさんありました。
さて、お腹いっぱいになったところでお風呂をネットでさがしていたら、金太郎温泉というところがヒットしたので行ってみる。別館のカルナの湯が日帰り入浴施設で、駐車場降りた瞬間から硫黄の匂いが充満していて、効きそうだなと期待する。昼間なら露天風呂から立山連峰が見えるという露天風呂や、内風呂も強烈に硫黄(笑。なんせロッカーの鍵のステンレスが真っ黒になってて、アクセサリー類にはご注意と張り紙がしてあるほど。極楽気分でお風呂から出て、ちょうど地元魚津城のことをやってる「天地人」のラストだけみて、キャンプ場に帰る。この時点でもう善光寺行ったことは数日前のようなそんな気分。
いやー、いいとこだ富山!(つづく)

|

« 善光寺・戸隠紀行その2 | トップページ | ユニコーンin日本武道館 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

善光寺から富山!!!
相変わらずアクティブなうららかチームですね。
観光地と違う地方へ犬連れで行くと犬と一緒に泊まれる宿というのが少ないのが悩みですが、いざとなればキャンプ場もありですね。
しかも無料とはありがたや~~♪♪
・・・ウチは破壊しかねないので挑戦する勇気がありませんが(汗)

回転寿司でも、あなどれない店が最近多くなりましたね。
おっかねぇ~大将の仏頂面見て高いのを恐縮しながら食べるくらいなら回転の方を選びたくなりますもん。

投稿: さよ | 2009/05/18 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37594/44960791

この記事へのトラックバック一覧です: 富山紀行その1:

« 善光寺・戸隠紀行その2 | トップページ | ユニコーンin日本武道館 »